CONSULTING

整骨院・接骨院は社会にとって必要な場所であり、とても素晴らしい仕事です。

今、日本国内には整骨院・接骨院は約40,000件ありその数はコンビニの数を超えています。10年前と違い今の患者様は「なりたい自分があり、それに短期間でなれるかどうか?で整骨院接骨院に来ている」と思います。
そして、その患者様の思っている事が叶うから一度の出会いで一生のお付き合いが出来る様になるのでは無いかと思っています。

そのために、必要とされる技術として 我々 株式会社よくするは   1.治療技術   2.人間関係構築技術  の2つがとても大切と考えています。

患者様がなりたい姿、いわゆる「願望」を伺わない事には、どんな治療法をどのくらい必要なのか?導き出す事は難しいです。

良い治療技術があったとしても、人間関係構築技術が無いために患者様の願望【本当はどうなりたいのか…】が聞けず、お身体の痛みだけの除去で終わっては、一度の出会いで一生のお付き合いは出来ません。

治ったら終わり。
また、新しい患者様に来ていただくためにと労力をかけないといけなくなります。

これは、患者様に限らず院内のスタッフ間でも同じです。
人間関係は、 先生とスタッフ   先生と患者様   スタッフと患者様  など、2人以上の組織になると必ず出てくる問題となります。

私たちは、整骨院・接骨院業界発展のためにも、患者様およびスタッフと先生方の人間関係関係構築にも寄与していきたいと本気で想っております。

整骨院・治療院 向けの講演会勉強会

保険診療が年々厳しくなるこの整骨院業界で、少しでも来て下さる患者さまのために高品質な施術を!と考えている素晴らしい整骨院の経営者の方々へ、問診から施術、患者さまへの関わりが良くなるスキルなど患者さまに喜んでいただける内容を勉強します。

 1.スタッフや患者様との人間関係づくりのアイデア。
 2.自費治療の効果的な導入方法の勉強会。 ...など

こんな方に活用いただいています!

組織全体でのコミニュケーション力アップ。
院長とスタッフの人間関係、スタッフ通しの人間関係、スタッフと患者様お客様との人間関係に課題がある。
自費治療の導入のためのスタッフや患者さんとのコミニュケーションの取り方。
自費を導入しているが、スタッフが自費治療に消極的で困っている。
自費治療法の導入の必要性をスタッフに理解してもらえない…
3ヶ月で100万の自費売上を上げたい!という先生。

柔道整復師としての
外傷スキルベーシックコース

柔道整復師として基本的な技術である骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷の問診、検査、施術、処置、予後、施術計画立案までを3日間で習得するコースです。

柔整学校3年間で教わらなかった、実の現場で起こる、また実際に来院されるパターンを厳選し柔道整復師22年間48万人の施術実績をもつ当社認定講師が担当します。