何が楽しいのか?考えてもらうと、続く

何が楽しいのか?考えてもらうと、続く

 

冬になると、ほぼ毎週

息子のスノーボードに山に行きます。

基本的に息子は

スクールに入り基本をしっかり

学びます。

最初は興味でスノーボードを始めた

としても毎週となると

なんか飽きた

毎週は嫌となりがちです。

ここで大事なのは

やるって言ったでしょ!

お金かけて色々買ったんだから!今更

何を言うの!

と言いがちですが、ここは

グッと我慢です。

子どもは飽きっぽい

ものです。

一応

4人子育てして来て

感じている事です

ここは大人の対応でいきましょう 笑

私が実際に行っている事は

まず、息子に

スノーボード楽しい?と質問します。

楽しい!

となったら、どんな時に楽しいの?

どういう感じが好きなの?など

具体的に聞きます。

すると

・思ったように滑れると楽しい

・出来なかった事ができて楽しい

など教えてくれます。

それに対して

そうかーー

そうかーー頑張ってるもんねー

とニコニコしながら

承認してあげます。

それだけ。です。

人は、自分がやってる事に対して

承認してもらいたいという欲求があります。

そして好きな人と一緒にいたい

その人から褒められたり承認されたい

と言う欲求もあります。

飽きっぽい子どもが

始めた事を続けるためには

それをやっていて楽しい事

などを聞いてあげて

頑張ってるもんねーと承認してあげる。

を頻繁に行うと続きます。

続くと上手くなります。

上手くなると

あ!楽しい!とまた楽しいのレベルがアップします^ ^

息子も2シーズンで

山形蔵王の山頂から、ノンストップで滑り降りてくるくらい成長しました^ ^

樹氷凄いなぁとしみじみ話してました。

私は、いやあなた凄いよ。

と思いました^ ^

 

子育てカテゴリの最新記事